敏感肌は美白が効きにくいって本当?

MENU

敏感肌は美白が効きにくいって本当?

敏感肌ケア

化粧品の刺激を受けやすい敏感肌の方にとって、美白化粧品はなじみの少ないものかもしれません。
美白化粧品は刺激が強いから、敏感肌には向かないと考えている方も多いと思います。
しかし、敏感肌にこそ美白化粧品が必要なのです。

 

なぜなら、敏感肌の方は、人一倍くすみやシミができやすいと言われています。
その仕組みを見てみます。

 

敏感肌というのは、肌のバリア機能が弱く、外部からの刺激を受けやすい肌のことです。
バリア機能が弱いということは、紫外線によるダメージも受けやすいですし、摩擦などの刺激によって炎症を起こしやすくもなります。
これらの刺激が、シミやくすみのもととなるメラニンの生成を促してしまうと言われています。
さらに、バリア機能が弱いということは、肌表面の角質層がめくれやすく、水分が出ていきやすい状態です。
こうして肌が乾燥すると、肌表面に光が乱反射して影ができ、余計に肌が暗く見えてしまいます。
また、肌に化粧品が浸透しにくいので、美白成分が効きにくいという説もあります。

 

だからこそ、敏感肌の方にこそ美白化粧品が必要なのですが、今までは確かに刺激が強かったり、乾燥しやすいものも多くありました。
しかし最近は、敏感肌に向けた美白化粧品も出てきています。
ただ単に低刺激なのではなく、敏感肌に効きやすいように作られているので、安心して使うことができます。

 

そして、合わせて使いたいのがUVケア化粧品です。
紫外線の影響を受けやすい分、きちんとガードしてあげることが大切です。
ブロック機能の高いものは刺激になることもあるので、数値の低いマイルドなものを、こまめに塗り直す方法がおすすめです。

 

敏感肌はどうしても肌荒れしやすい分、肌年齢が上に見えやすいとも言われています。
シミやくすみは、より見た目年齢を上げてしまいますので、美白には縁がないと思わずに、まずはトライアルセットを試してみることをおすすめします。

 

 

 

 

美白化粧水ランキング