美白の要!美白成分にはどんなものがあるの?

MENU

美白の要!美白成分にはどんなものがあるの?

美白化粧品には、様々な美白成分が配合されています。
美白成分こそが美白化粧品の要ともいえるほど大切なものですが、なんだか難しそう、耳慣れない言葉ばかりでとっつきにくいと感じる方も多いかもしれません。
主な美白成分とその役割を見てみましょう。

 

最初に、シミができるメカニズムを簡単にご紹介します。
まず、肌に紫外線が当たると、肌の中のメラノサイトという場所が刺激され、メラニン色素を作ろうとします。
そしてメラニンを作るためにチロシナーゼという酵素が作られ、それによって作られたメラニンがケラチノサイトという場所に運ばれます。
そしてターンオーバーとともに肌の奥から表面に上がっていきます。

 

健康な肌では、メラニンはこのターンオーバーによって排出されるのですが、これがうまくいかないとメラニンがたまってしまい、シミとなってしまいます。
その原因として、メラニンが作られすぎてしまう、メラニンの排出がうまくいかない、などの理由が考えられます。

 

ですので、美白のためには、このメラニンが作られて排出されるまでのステップを正常にする必要があります。
そこに働いてくれるのが美白成分だということです。
では、具体的な美白成分について見ていきます。
主な美白成分としては、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、アルブチン、トラネキサム酸などがありますが、そのうちのビタミンC誘導体とハイドロキノンについてご紹介します。

 

この2つは、2大美白成分ともいえるくらい、ポピュラーなものです。
まず、ビタミンC誘導体は、メラニンを作るための酵素であるチロシナーゼを抑制する働きと、ターンオーバーを促す働きがあると言われています。
メラニン自体を減らす役割と、メラニン排出を促す役割、両方があるということになります。

 

また、ハイドロキノンは、メラニンが作られる場所であるメラノサイト自体を減らす働きと、こちらもチロシナーゼを抑制する働きがあると言われています。
ハイドロキノンはシミの特効薬と言われるくらいの成分で、かつては医療用でしたが、最近では、化粧品にも配合されるようになりました。

 

濃度が高いと肌に負担になることもあるのですが、化粧品に配合されている程度では安全だとされています。
ただ、ハイドロキノンに限らず、成分によっては肌に合わないこともあるので、まずはトライアルキットなどで試してみることをおすすめします。

 

 

 

 

美白化粧水ランキング