30代の美白ケア オイリー肌のためのおすすめスキンケア

MENU

30代の美白ケア オイリー肌のためのおすすめスキンケア

もともとオイリー肌で、30代からおこってくるもう一つのトラブルが、顔の一部が乾燥するオイリー+乾燥肌。

 

口のまわりや目の周り、頬あたりが、カサカサしてきて、よく見ると細かなしわができたりしています。
というのも、20代に比べて30代はお肌の皮脂の分泌が減少してくるからなのです。
これらは「混合肌」と言われるお肌の状態です。

 

「私はオイリー肌なのにどうして乾燥?」って思いますか?
たしかに皮脂の分泌は普通肌よりもよくあって、
お肌の油浮きを取るお手入れが欠かせないのですが、実はオイリー肌が、肌の乾燥が原因である場合があるのです。

 

例えば、オイリー肌だと、化粧水の後の乳液やクリームをべたべたするからつけないと言う時もあると思います。

 

皮脂の分泌の量にもよりますが、乳液やクリームをつけないと、お肌からどんどん水分が蒸発していきます。
そうするとお肌は乾燥を防ごうと、皮脂をさらに分泌して乾燥から肌を守ろうとするのです。

 

ですから油浮きがひどいところにこそ、
洗顔した後にさっぱりとした使用感の乳液を少し使ってみると、お肌が落ち着く場合があります。
補給された油分で、お肌が不必要な油分を分泌しなくても良いと判断するのです。

 

オイリー肌特有の毛穴の開きを改善し美白ケアを一緒に行うなら、
皮脂の分泌を抑えて美白効果のある、「ビタミンC誘導体」配合の化粧水や美容液がおすすめです。

 

ビタミンC誘導体には整肌の効果もありますから、
毛穴を引き締めながら肌全体のキメを整えて、お肌を全体的に明るくする効果が期待できます。

 

30代からは乾燥しやすいお肌になるからこそ、
化粧水と乳液・クリームというスキンケアの基本的なラインで保湿を意識して行ってみましょう。

 

 

 

 

 

美白化粧水ランキング