30代の美白ケア 敏感肌のためのおすすめスキンケア 

MENU

30代の美白ケア 敏感肌のためのおすすめスキンケア 

美白ケアに使われる美白化粧品は、シミ対策のためだけに作られているのではありません。
整肌さらに保湿を高める効果が期待できます。

 

なぜなら、お肌が整いうるおっていないと美白成分はお肌に浸透していかないから。

 

ただ美白成分は敏感肌では刺激が強すぎることがあり、肌荒れをおこして美白ケアを断念した人もいるかも。
敏感肌のトラブルは人によって様々。
医学的には「敏感肌」と言うのはありませんが、
「お肌のかさつき」、「かゆみやヒリヒリ」、「大人ニキビ」、「吹き出物」、「肌荒れ」などがあります。
でも、あきらめずにできる美白ケアがありますよ。

 

敏感肌の美白ケアのポイントは「保湿」です。
保湿はスキンケアの基本ですが、敏感肌には欠かせない要素。
お肌自体の回復力も落ちているので、お手入れはできるだけやさしく、無理をしないこと。
お肌をこするだけでも、肌には刺激になる場合があります。
毎日のスキンケアでお肌の表面の炎症を取り除き、角質の保湿を高める美白ケアを取り入れていきましょう。

 

そのために注目の成分は「セラミド」。
角質の保湿の80%を担っていています。
特に「ヒトセラミド」と言う私たち人間のセラミド構造と似たものが保湿力は強めといわれています。

 

さらにアミノ酸も角質の保湿を助けてくれます。
美白ケアの角質のお手入れでセラミドやアミノ酸の配合された化粧品を使う場合、
敏感肌では、クリームで使うことをおすすめします。

 

敏感肌はお肌の表面が荒れたり、炎症を起こしたりしやすいもの。
肌のバリア機能を高めてお肌の表面を保護してくれます。
角質が整うと、シミの素メラニンも排せつしやすいお肌になります。

 

 

 

 

 

美白化粧水ランキング