20代の美白ケア 乾燥肌のためのおすすめスキンケア

MENU

20代の美白ケア 乾燥肌のためのおすすめスキンケア

20代の半ば、お肌の曲がり角と言われる年齢を過ぎると、だんだんとお肌の皮脂の分泌が減ってきます。
そのためか、お肌の乾燥を気にする女性たちが20代後半から増えてきます。

 

Uゾーンと言われる頬からあごにかけての部分や、口のまわりや目元が乾燥しがちです。

 

このような乾燥肌の特徴は、共にお肌の水分量と皮脂量が少なっている証拠。
お肌がカサカサ、ツヤがなくなってきます。

 

美白ケアには乾燥は大敵です。
せっかくの美白成分が乾燥しているお肌には浸透していかないからです。

 

美白成分の中には刺激の強いものもあって、
かえってそれがお肌にしみたりして、美白ケアがどうも長続きしないという結果に。

 

20代でお肌の乾燥を意識して改善すると30代になってからお肌の調子もかわってきます。

 

それでは何から始めるとよいのでしょうか?
まず、毎日のクレンジングに気を付けてみましょう。

 

20代はほぼ毎日メイクをするようになる、大人肌への仲間入り。
美白肌を育てるには、メイクを毎日きれいに落とすことが大切です。
と、同時に乾燥肌である場合は、洗浄力のあまり強いクレンジング剤を使わないように気をつけましょう。
特にオイルクレンジングや油性のジェルは洗浄力が強く、お肌への刺激が強すぎることがあります。

 

ミルクタイプや水性のジェルのものがおすすめです。
もちろんごしごし洗わないことも大事です。

 

さらに、美白ケアを行う場合、化粧水で保湿力のあるものを選んでいきます。
保湿は冬の季節だけと思われがちですが、乾燥肌ではスキンケアで朝も晩も、
そして一年を保湿するしっとりタイプの美白化粧水を活用してみてください。

 

しっとりとお肌うるおうと美白成分もじんわりと浸透しやすくなります。

 

 

 

 

 

美白化粧水ランキング