30代の美白ケア ポイントC保湿力を高める

MENU

30代の美白ケア ポイントC保湿力を高める

30代に入るとお肌が部分的に、またお顔のお肌全体が、季節に関係なく乾燥しやすくなります。

 

これってなぜかだかご存知ですか?
実はこれ、お肌の中でうるおいを保つ成分が30代をすぎたあたりから、お肌の中から失われていくからなんです。

 

加齢の影響で年々少なくなる成分は、例えばお肌の弾力を保つ働きをするコラーゲン。
ほかには、600倍もの水分を蓄える力を持つヒアルロン酸。
さらにコラーゲンをつなぐゴムのような役割をしているエラスチンです。
これらはお肌のみずみずしさの素をつくっています。

 

そのような30代が目指す保湿ケアとは、
美白成分だけではなく保湿成分の配合された化粧水やクリーム、時には美容液を活用すること!

 

いくら水を注いでもその入れ物がなければ水をキープできないように、
お肌もどんなに丁寧に化粧水でお肌の保水をしても、お肌の中に保湿成分がないと、肌のうるおいを保つことができないのです。

 

また私たちの表面のお肌に潤いと弾力をよみがえらせる即効性の高い成分、セラミドも役に立ちます。

 

美白クリームなどに配合されており、ターンオーバーのお手入れでお肌の表面を整えるときに使ってみましょう。
使い始めて数日もすると、お肌がふっくらとうるおっているのを感じるはず。

 

化粧水やクリームなども丁寧に自分の手を使って入れていきます。
化粧品を手に取ったあと、手のひらで少しあたためてからお肌にのせてみてください。いつもと違う浸透感を体験できます。

 

 

 

 

美白化粧水ランキング

30代の美白ケア ポイントC保湿力を高める関連ページ

30代の美白ケア ポイント@うっかり日焼けを徹底予防
清々しい5月、子どもの野球の応援で一日中野外グランドで過ごしたら、お顔が赤く日焼けしていたってことありませんか?そんなに日光にはあたっていないはずのに…。うっかり日焼けで紫外線を浴びてしまうと、シミをつくりやすいお肌になります。まずは美白の基本、紫外線予防のお話から。
30代の美白ケア ポイントAシミを予防する
30代の美白ケアは、日中の活動前に、シミをつくらせないお肌に整えていくこと。日焼け止めやUVカットメイク化粧品の他に、スキンケアから徹底したシミ予防をしていきましょう。ではその方法とは?
30代の美白ケア ポイントBターンオーバーの力を借りて美白
30代の美白はシミをつくらせない肌つくりに加え、シミを排せつしやすいお肌にしていくこと。それにはお肌が本来持っているターンオーバーの力を借りていきます。20代では自然に―むしろ活発過ぎるほど―行われていたターンオーバー。30代ではその力を意識して借りて美白ケアを行います。その具体的な方法とは?
30代の美白ケア ポイントD女性ホルモンとうまく付き合う
私たち女性の女性らしさをつかさどる女性ホルモン。女性ホルモンのバランスの乱れはお肌のターンオーバーの周期を乱しシミをつくりやすいお肌にしてしまいます。女性ホルモンと上手に付き合う方法、教えます。