30代の美白ケア ポイントBターンオーバーの力を借りて美白

MENU

30代の美白ケア ポイントBターンオーバーの力を借りて美白

美白ケアでのシミ対策のもう一つのポイントはシミを排せつしやすいお肌を育てていくこと。

 

例えば、ダイエットでは一日に摂るカロリーの量を控えて、
運動などで体の中に溜まってしまった脂肪をできるだけ燃焼させていきますよね。

 

シミ対策の美白ケアのしくみもこれとよく似ています。

 

メラニンをつくらせないお肌にしていくのと並行して、メラニン色素をお肌の外へ外へと追い出していくのです。
メラニンの排せつはお肌の持つ天然の力「ターンオーバー」を活用します。

 

ターンオーバーのしくみは、子どものころの日焼けを思い出すとよくわかります。
夏、真っ黒に日焼けしても、春ごろにはちゃんと日焼け前のお肌の色に戻っていたはず。
このお肌の再生力は、年齢を重ねてターンオーバーの周期に変化が起こっても、しくみが変わることはありません。

 

一日一日あなたのお肌は生まれ変わっているのです。
でも新しい細胞が生まれても、その上にいらないものがのっかっていたら、どうでしょう?
シミやくすみは、この要らないお肌が皮膚の表面で溜まっている状態。
ですから美白ケアでは毎日のスキンケアによって表面に滞った不要なお肌を取り除き、肌細胞の活動リズムをスムーズにしてあげるのです。

 

このお手入れの方法は実にシンプル。
それは毎日のスキンケアでお顔をきれいに洗ってあげることです。
「きれいに」と言ってもお肌をこする洗浄は絶対にNG。
朝晩の洗顔で、やさしく皮膚の汚れや古い表面のお肌、皮脂汚れを取りのぞいていきます。

 

特にメイクはおうちに帰ったらすぐに落とすようにします。
メイクだけでもお肌には負担が大きいのです。
メイクをしたまま寝るなんて絶対にNG!

 

肌に優しいクレンジング剤(水性のジェルやミルククレンジング)をつかってメイクを溶かすようなイメージでクレンジングしていきましょう。

 

洗顔もしっかり泡を作って洗顔しましょう。
古いお肌の奥で眠っていた、みずみずしいお肌があらわれてきますよ。

 

またシミのお手入れやくすみがひどい時には、週に一度程度ピーリングをするというお手入れもあります。
ピーリングとは表面に残っている古いお肌をフルーツ酸などの酸を使って溶かし洗い流すというもの。
適度につかうことでお肌の表面をリセットしてくれて、肌の全体の調子を整える効果があります。

 

 

 

 

美白化粧水ランキング

30代の美白ケア ポイントBターンオーバーの力を借りて美白関連ページ

30代の美白ケア ポイント@うっかり日焼けを徹底予防
清々しい5月、子どもの野球の応援で一日中野外グランドで過ごしたら、お顔が赤く日焼けしていたってことありませんか?そんなに日光にはあたっていないはずのに…。うっかり日焼けで紫外線を浴びてしまうと、シミをつくりやすいお肌になります。まずは美白の基本、紫外線予防のお話から。
30代の美白ケア ポイントAシミを予防する
30代の美白ケアは、日中の活動前に、シミをつくらせないお肌に整えていくこと。日焼け止めやUVカットメイク化粧品の他に、スキンケアから徹底したシミ予防をしていきましょう。ではその方法とは?
30代の美白ケア ポイントC保湿力を高める
美白ケアではお肌が乾燥していたり荒れていたりすると、美白ケアの効果は半減すると言われています。うるおいのあるお肌にこそ美白成分は浸透していくからなんです。でも30代になってから、お顔がちょっと以前より乾燥しやすくなったって感じたことはありませんか?そこで美白のための保湿ケアのお話です。
30代の美白ケア ポイントD女性ホルモンとうまく付き合う
私たち女性の女性らしさをつかさどる女性ホルモン。女性ホルモンのバランスの乱れはお肌のターンオーバーの周期を乱しシミをつくりやすいお肌にしてしまいます。女性ホルモンと上手に付き合う方法、教えます。