30代の美白ケア ポイント@うっかり日焼けを徹底予防

MENU

30代の美白ケア ポイント@ うっかり日焼けを徹底予防

30代だからこそ毎日の生活の中で気を付けてほしいこと、それは紫外線予防です。

 

紫外線を浴びるとお肌は外からの刺激を防ごうとしてメラニン色素を生成、お肌の表面を覆ってお肌の内部を守ろうとします。

 

できたメラニン色素は、お肌のターンオーバーという再生機能によって、一か月もするとお肌の外へと排せつされていきます。
メラニン色素は褐色をしているところから、排せつできなくなって目に見えて現れてくるのが、「シミ」や「くすみ」です。

 

30代にとって20代にもましてなぜ紫外線予防が大切なのでしょうか?
その理由は、お肌の曲がり角を過ぎた30代ではターンオーバーの活動は徐々に衰え始め、
うまくメラニン色素を排せつしにくくなっていくからです。

 

例えばこんなことはありませんか?
例えばお肌がごわごわしたり、くすんで見える日が増えたり。
これはターンオーバーが20代のころよりも活動が落ち着いてきているしるし。

 

紫外線予防の効果は、シミ予防だけではありません。

 

紫外線はお肌のコラーゲンを破壊してしまうため、紫外線予防をすることで、シワ・たるみの予防にもなるのです。

 

データによると30代の女性たちの8割が何かしらの紫外線予防を行っています。
美白ケアのために紫外線をお顔や体に浴びないために、ぜひ日焼け止めを習慣化していきましょう。

 

メイクで、UVカット効果のある化粧品を併用するとより効果が期待できます。
うっかり日焼けを防ぐために大切なことは、まず一年中日焼け止めを塗るようにすること。

 

紫外線は光の量が多いからたくさん降り注いでいるというものではありません。
冬でも夏の3分の1の量の紫外線が降り注いでいます。

 

朝起きたらすぐにスキンケアをするようにして、家の中にいるときから日焼け止めを塗るようにします。

 

例えばこれで、ついついやってしまう、すっぴんでベランダに出て洗濯を乾してしまうのを防げます。

 

たった10分間の野外での活動で、夏など日焼け止めなしでは一日に浴びる紫外線の限度量を十分に越えてしまう場合があるのです。

 

自転車日焼けも気をつけましょう。
夏のお出かけで帽子や日傘を使うと、お肌に浴びる紫外線を弱めることができますよ。

 

 

 

 

美白化粧水ランキング

30代の美白ケア ポイント@うっかり日焼けを徹底予防関連ページ

30代の美白ケア ポイントAシミを予防する
30代の美白ケアは、日中の活動前に、シミをつくらせないお肌に整えていくこと。日焼け止めやUVカットメイク化粧品の他に、スキンケアから徹底したシミ予防をしていきましょう。ではその方法とは?
30代の美白ケア ポイントBターンオーバーの力を借りて美白
30代の美白はシミをつくらせない肌つくりに加え、シミを排せつしやすいお肌にしていくこと。それにはお肌が本来持っているターンオーバーの力を借りていきます。20代では自然に―むしろ活発過ぎるほど―行われていたターンオーバー。30代ではその力を意識して借りて美白ケアを行います。その具体的な方法とは?
30代の美白ケア ポイントC保湿力を高める
美白ケアではお肌が乾燥していたり荒れていたりすると、美白ケアの効果は半減すると言われています。うるおいのあるお肌にこそ美白成分は浸透していくからなんです。でも30代になってから、お顔がちょっと以前より乾燥しやすくなったって感じたことはありませんか?そこで美白のための保湿ケアのお話です。
30代の美白ケア ポイントD女性ホルモンとうまく付き合う
私たち女性の女性らしさをつかさどる女性ホルモン。女性ホルモンのバランスの乱れはお肌のターンオーバーの周期を乱しシミをつくりやすいお肌にしてしまいます。女性ホルモンと上手に付き合う方法、教えます。