20代の美白ケア ポイントD面美白で透明感UP↑

MENU

20代の美白ケア ポイントD面美白で透明感UP↑

美白化粧品や美白ケアと言うとシミがあらわれてから使い始めるイメージがあり、そこから「シミのためのケア」と思われがちなのです。

 

でも今注目されているのは、お肌全体の色むらやくすみを改善して透明感のある美しいお肌つくり。
これは「面美白」と呼ばれていて肌のトーンを明るくしブライトニング効果を狙うお手入れです。

 

20代ではシミが目立つことはまだないので、お肌の状態を健康に保ち、さらにキメ細かく透明感を作り出すことが美白ケアのポイントになります。

 

健康で透明感のお肌を自然に保つには、お肌のくすみやにごりを取るスキンケアを行いましょう。
それには、お肌のターンオーバーの仕組みに注目して、シミやくすみの原因となるメラニンを排出しやすいお肌にしていくこと。
そのためにはお肌の表面である角質をとのえていくことが最も効果的です。

 

角質のお手入れのポイントは、角質の汚れを洗顔できちんとおとし、化粧水や乳液、クリームで保湿していきます。

 

スキンケアの中で、シミを抑制する効果のある美白成分
〜例えばアルブチン、ビタミンC誘導体〜がふくまれた美白化粧品や美白美容液を使っていくとよいでしょう。

 

ニキビや肌荒れを起こしやすい20代のお肌におすすめの成分はビタミンC 誘導体。
この成分は美白効果だけでなく、お肌を整え炎症をやわらげ、お肌を再生する力があります。
また天然由来の成分でお肌がうけたダメージを取り除く化粧水やクリームを使うとよいでしょう。

 

 

 

 

美白化粧水ランキング

20代の美白ケア ポイントD面美白で透明感UP↑関連ページ

20代の美白ケア ポイント@一にも二にも洗顔
美白ケアの始めは何と言っても洗顔。汚れをきちんと取ってお肌を清潔に保つことが大事です。気を付けてほしいのは10代のころと同じような洗顔をしてしまうこと。あなたは毎日どんな洗顔をしていますか?それって美白に逆効果かも。ならば美白ケアの洗顔のポイントとは?
20代の美白ケア ポイントA化粧水の選び方
洗顔後のきれいになったお肌に一番に浸透させる化粧水。直接お肌に入れるものだから、やっぱりお肌にあったものを選びたいですよね。そしてもちろん美白効果も!美白ケアの化粧水の役割を知っていますか?それは保湿ともう一つ…それって?
20代の美白ケア ポイントBお肌のバリアは乳液orクリーム?
美白化粧水でしっかりとうるおって引き締まったお肌に忘れずにしてほしいのが、乳液やクリームなどの油分でお肌のうるおいを閉じ込めること。でもよく見かける乳液とクリーム、どっちを使ったらいいか迷いませんか?両方使うべき?
20代の美白ケア ポイントC油断禁物―紫外線予防
紫外線はお肌にシミをつくりだす一番の原因です。20代のお肌はターンオーバーによってある程度シミの素であるメラニンは排出されていくのですが、お肌へのダメージは蓄積されていきます。それが数年後、十数年後シミとなるのです。まだまだシミがお顔にあらわれない20代こそ、シミやくすみ予防のための紫外線予防は必須。どのように紫外線予防を行うとよいのでしょうか。
美白豆知識―20代のお肌・大人ニキビ
不規則な生活がつづいたり、寝不足などで、ニキビが出来たりすることありませんか。それはお肌に炎症が起きているしるし。そんな大人ニキビができた時どんなスキンケアが良いのでしょうか?美白ケアとの関係は?