20代の美白ケア ポイントC油断禁物―紫外線予防

MENU

20代の美白ケア ポイントC油断禁物―紫外線予防

20代になるまでに日焼け止めを日常的に塗っていない人がなんと8割もいると言われています。

 

でも20代で同じことをしているとお肌の曲がり角を過ぎたくらいから、だんだんとシミをため込みやすいお肌になってきます。
そして30代になってシミがあらわれてくるのです。

 

紫外線を浴びるとそのダメージは蓄積されていきます。
すぐにダメージがあられないのがやっかいなところです。

 

紫外線は目に見えませんが、シミをつくる原因となるだけでなく、お肌のコラーゲンをこわし、肌を老化させます。

 

例えば、手の甲と二の腕を比べるとそのお肌の違いは一目瞭然。
太陽の光にさらされる手の甲の肌は服に隠れやすい二の腕比べて固くなり、二の腕のようなキメや白さ、柔らかさに欠けていますよね。
これがまさに紫外線の仕業なのです。

 

20代の美白ケアは、シミがまだお顔にあらわれないからこそ、油断せず紫外線予防を毎日行ってほしいもの。

 

美白の意識の高さは毎日の紫外線予防にあらわるといってもいいでしょう。

 

ならばどのような紫外線予防の方法があるかと言うと、最も効果的なのは日焼け止めを使うことです。

 

女性たちの紫外線予防の8割は日焼け止めを使うと言うデータもあるくらい、定着している方法です。

 

あと帽子をかぶる、日焼け止めに加えUVカット効果のある化粧品を使う、日傘をさすと言うのも効果があります。

 

特に初夏にかけて最も紫外線量の多い時期は冬の時期の3倍の量がお肌に降り注ぎます。

 

油断は禁物、どこへ行くにも、また一年中、日焼け止めを用いて紫外線予防をおこなうことが大切です。

 

美白化粧品を使っているから、紫外線予防の日焼け止めは入らないと思っていませんか?
いえいえ、美白化粧品の効果と日焼け止めの効果は全く別のものです。

 

美白化粧品はシミやくすみを予防するお肌のお手入れです。
お肌の受けた紫外線のダメージをすべて回復することはできません。
また紫外線を予防するものにはなりません。

 

ですから、美白化粧品を使い、日焼け止めを使うことでより高い美白効果を生み出すことができるのです。
紫外線予防はとても積極的な美白ケアなのです。

 

 

 

 

美白化粧水ランキング

20代の美白ケア ポイントC油断禁物―紫外線予防関連ページ

20代の美白ケア ポイント@一にも二にも洗顔
美白ケアの始めは何と言っても洗顔。汚れをきちんと取ってお肌を清潔に保つことが大事です。気を付けてほしいのは10代のころと同じような洗顔をしてしまうこと。あなたは毎日どんな洗顔をしていますか?それって美白に逆効果かも。ならば美白ケアの洗顔のポイントとは?
20代の美白ケア ポイントA化粧水の選び方
洗顔後のきれいになったお肌に一番に浸透させる化粧水。直接お肌に入れるものだから、やっぱりお肌にあったものを選びたいですよね。そしてもちろん美白効果も!美白ケアの化粧水の役割を知っていますか?それは保湿ともう一つ…それって?
20代の美白ケア ポイントBお肌のバリアは乳液orクリーム?
美白化粧水でしっかりとうるおって引き締まったお肌に忘れずにしてほしいのが、乳液やクリームなどの油分でお肌のうるおいを閉じ込めること。でもよく見かける乳液とクリーム、どっちを使ったらいいか迷いませんか?両方使うべき?
20代の美白ケア ポイントD面美白で透明感UP↑
美白ケアには、シミやそばかすなど部分的なお手入れをする「点美白」とお顔のお肌全体を白く透明にしていく「面美白」があることをご存知ですか?シミがまだ目立たずあらわれない20代には「面美白」が効果あり!ならば白く冴えわたるお肌をつくるには?
美白豆知識―20代のお肌・大人ニキビ
不規則な生活がつづいたり、寝不足などで、ニキビが出来たりすることありませんか。それはお肌に炎症が起きているしるし。そんな大人ニキビができた時どんなスキンケアが良いのでしょうか?美白ケアとの関係は?