20代の美白ケア ポイントBお肌のバリアは乳液orクリーム

MENU

20代の美白ケア ポイントBお肌のバリア―乳液それともクリーム?

水分をしっかりと含んでうるおったお肌を保つには、乳液やクリームの油分でお肌の表面に膜を作ることが必要です。
油分の膜がお肌の表面のバリア機能を高めて、美白にも良い効果を発揮します。
それはお肌の表面のバリアが外の刺激からお肌を守り、美白のポイントとなるお肌のキメも整えてくれます。
お肌の乾燥を予防することができます。

 

美白ケアや一般のスキンケアを始める時、一連のラインのなかで、乳液やクリームだけのもの、また乳液、クリームの両方があるものがあります。

 

どのように使い分けていますか?

 

お肌の保湿のためにお肌に油分の膜をつくる役割としては、乳液もクリームも違いはありません。

 

二つの違いは含まれる水分量のみです。

 

乳液の方が断然水分量は多く、クリームはその使用感からもわかるようにこっくりと油分は多め。

 

ですからあなたのお肌が皮脂の分泌がよく、天然の肌バリアを作ってくれているなら、乳液がおすすめです。
乳液でお肌の皮脂の力を補ってあげましょう。
べたべたするのが苦手な方にも乳液がおすすめです。

 

次にクリームは乾燥肌の場合やお肌の表面を整えていきたいときに使うと効果的です。

 

クリームは乳液と違い水分が少ないので、美白成分や整肌・保湿成分をより配合しやすくなっています。

 

お肌の表面である角質に特に潤いを与え、お肌の炎症を取りたい場合など、クリームを使うとよいでしょう。

 

ただ乾燥肌の場合、化粧水で保湿せずにクリームだけを塗っても、お肌を潤わせることはできません。

 

化粧水で保水を行ってからクリームを使いましょう。

 

美白ケアのスキンケアのラインでは、乳液とクリームの両方がある場合があります。

 

この場合、乳液はお肌のうるおいを閉じ込めるためのもの、
クリームはお肌の栄養や美白効果を狙うものとなります。

 

こちらもお肌の調子に合わせて両方を活用することができます。

 

乳液やクリームをお肌になじみやすくするコツは、使う前に手のひらで温めてからお肌に置くこと。
お肌への浸透がよくなります。
試してみてくださいね。

 

 

 

 

美白化粧水ランキング

20代の美白ケア ポイントBお肌のバリアは乳液orクリーム?関連ページ

20代の美白ケア ポイント@一にも二にも洗顔
美白ケアの始めは何と言っても洗顔。汚れをきちんと取ってお肌を清潔に保つことが大事です。気を付けてほしいのは10代のころと同じような洗顔をしてしまうこと。あなたは毎日どんな洗顔をしていますか?それって美白に逆効果かも。ならば美白ケアの洗顔のポイントとは?
20代の美白ケア ポイントA化粧水の選び方
洗顔後のきれいになったお肌に一番に浸透させる化粧水。直接お肌に入れるものだから、やっぱりお肌にあったものを選びたいですよね。そしてもちろん美白効果も!美白ケアの化粧水の役割を知っていますか?それは保湿ともう一つ…それって?
20代の美白ケア ポイントC油断禁物―紫外線予防
紫外線はお肌にシミをつくりだす一番の原因です。20代のお肌はターンオーバーによってある程度シミの素であるメラニンは排出されていくのですが、お肌へのダメージは蓄積されていきます。それが数年後、十数年後シミとなるのです。まだまだシミがお顔にあらわれない20代こそ、シミやくすみ予防のための紫外線予防は必須。どのように紫外線予防を行うとよいのでしょうか。
20代の美白ケア ポイントD面美白で透明感UP↑
美白ケアには、シミやそばかすなど部分的なお手入れをする「点美白」とお顔のお肌全体を白く透明にしていく「面美白」があることをご存知ですか?シミがまだ目立たずあらわれない20代には「面美白」が効果あり!ならば白く冴えわたるお肌をつくるには?
美白豆知識―20代のお肌・大人ニキビ
不規則な生活がつづいたり、寝不足などで、ニキビが出来たりすることありませんか。それはお肌に炎症が起きているしるし。そんな大人ニキビができた時どんなスキンケアが良いのでしょうか?美白ケアとの関係は?