美白豆知識―20代のお肌・大人ニキビ

MENU

美白豆知識―20代のお肌・大人ニキビ

鏡を見ていてあれっと思ったらまたニキビ…
化粧品がお肌にしみたりしてつけることができない時、あなたはどうしていますか?

 

20代を悩ます大人ニキビの対処法のポイントと美白との関係をお話しします。

 

お肌の状態ですが、額から鼻筋にかけてのTゾーンがべたつくことが多いのではないかと思います。
その反対に頬からあごにかけてのUゾーンはカサカサと言うことも。
ニキビの出やすいところはどこですか?

 

まずべたつくTゾーンはクレンジング、洗顔とも毎日欠かさず行いましょう。
乾燥しやすいUゾーンはさっと洗い洗いすぎないことがポイント。

 

クレンジングと洗顔の時にニキビに触れないように気をつけます。
こすり洗いや熱いお湯を使うことはNGです。
ニキビやお肌の炎症がひどくなることがあります。

 

その後の化粧水は手で何回かに分けてお肌に浸透させていきます。
ひりひりするところは無理をしないこと。
抗菌・消炎効果のある化粧水がおすすめです。
丁寧に化粧水を入れていきます。

 

次に乳液とクリームですが、ポイントはニキビのある部分にはつけないようにします。

 

またTゾーンにはうっすらと油分がお肌にのるようにし、Uゾーンにもつけすぎないようにすることがコツです。
乾燥しがちなUゾーンはクリームや乳液をたっぷりつけてしまいがちなのですが、化粧水で保水をしていないといくら油分を用いても乾燥しています。
その油分が酸化してニキビの原因をつくることがあります。

 

紫外線予防の日焼け止めは、ニキビの部分にもお忘れなく。
ニキビ跡はお肌に赤黒く残ることがあります。
これもシミと同じメラニンの仕業。
紫外線のダメージからお肌を守るためにも日焼け止めを塗りましょう。

 

【ニキビのできやすいお肌と美白の関係】
20代のシミやくすみの原因は、お肌にたまった角質の汚れが原因になっていることが多いと言われています。
お肌の油分である皮脂をしっかり洗い流さないと、蓄積された皮脂が酸化してそれがシミやくすみの原因になることがあるのです。
ニキビ跡も色素沈着をおこしてしまいがち。
しっかり洗顔して、角質や皮脂の汚れを取りお肌に残さないようにしましょう。
蒸しタオルでお顔全体を温めて毛穴を開かせて洗顔したりするのもいいですよ。

 

 

 

 

美白化粧水ランキング

美白豆知識―20代のお肌・大人ニキビ関連ページ

20代の美白ケア ポイント@一にも二にも洗顔
美白ケアの始めは何と言っても洗顔。汚れをきちんと取ってお肌を清潔に保つことが大事です。気を付けてほしいのは10代のころと同じような洗顔をしてしまうこと。あなたは毎日どんな洗顔をしていますか?それって美白に逆効果かも。ならば美白ケアの洗顔のポイントとは?
20代の美白ケア ポイントA化粧水の選び方
洗顔後のきれいになったお肌に一番に浸透させる化粧水。直接お肌に入れるものだから、やっぱりお肌にあったものを選びたいですよね。そしてもちろん美白効果も!美白ケアの化粧水の役割を知っていますか?それは保湿ともう一つ…それって?
20代の美白ケア ポイントBお肌のバリアは乳液orクリーム?
美白化粧水でしっかりとうるおって引き締まったお肌に忘れずにしてほしいのが、乳液やクリームなどの油分でお肌のうるおいを閉じ込めること。でもよく見かける乳液とクリーム、どっちを使ったらいいか迷いませんか?両方使うべき?
20代の美白ケア ポイントC油断禁物―紫外線予防
紫外線はお肌にシミをつくりだす一番の原因です。20代のお肌はターンオーバーによってある程度シミの素であるメラニンは排出されていくのですが、お肌へのダメージは蓄積されていきます。それが数年後、十数年後シミとなるのです。まだまだシミがお顔にあらわれない20代こそ、シミやくすみ予防のための紫外線予防は必須。どのように紫外線予防を行うとよいのでしょうか。
20代の美白ケア ポイントD面美白で透明感UP↑
美白ケアには、シミやそばかすなど部分的なお手入れをする「点美白」とお顔のお肌全体を白く透明にしていく「面美白」があることをご存知ですか?シミがまだ目立たずあらわれない20代には「面美白」が効果あり!ならば白く冴えわたるお肌をつくるには?