20代の美白ケアと美白化粧品選びの5つのポイント

MENU

20代の美白ケア スキンケアと美白化粧品選びの5つのポイント 

20代の美白女性

 

お肌の細胞が成長期にある20代は、
お肌のキメや透明感を整えることのできる可能性にあふれている年代。

 

毎日の生活の中で、
美白ケアの基本的なスキンケアを習慣にすることで結果は目に見えてあらわれてきます。

 

特に美白ケアを意識して20代から始めた人ほど、30代、40代になって後悔しません。

 

早めの美白ケアの大切さは想像以上。

 

美白ケアはシミが出てから始めてもすこし遅いのです。

 

なぜならシミは、
20代からの日ごろのお肌のダメージが積み重ってあらわれてくるからです。

 

とはいえ、20代はその前半と後半とではお肌の調子は違います。

 

よく「25歳はお肌の曲がり角」といいますが、
これはお肌の老化が実際に見え始めるのが25歳と言う意味。

 

20代は10代からの活発なお肌の成長期が終わり、
徐々に老化が始まってくるのです。

 

実際、海外の大手化粧品メーカーが女性500名に行ったアンケートによると、
20代では40%の女性たちが「肌の衰え」を実感しています。

 

20代の93%の女性たちが「お肌の曲がり角」を実感しているとも。

 

例えば、「肌がかたくなった」、「化粧水の入りが悪くなった」、
また「ファンデーションの付きがいまいちのときがある」など。

 

思い当たるものはありませんか?

 

目だったお肌の大きなトラブルはなくとも、
これまでとはお肌のハリ、弾力、透明感に衰えを感じる人も少なくないのです。

 

そこで、ここでは20代の美白ケアのポイントを5つにまとめてお話していきます。それは
ポイント@ 一にも二にも洗顔
ポイントA 化粧水の選び方
ポイントB お肌のバリア―乳液それともクリーム?
ポイントC 油断は禁物、紫外線予防
ポイントD 面美白で透明感UP↑

 

美白スキンケアで早速始められるポイント5つ。

 

これで無理なく美白習慣が身に付いていきますよ。

 

20代のお肌におすすめの美白化粧品情報も参考にしてください。

20代におすすめの美白化粧品シリーズは?

ディセンシア サエル

 

ディセンシア・サエル

 

ポーラが長年かけて開発したもので、
天然由来の成分が肌の炎症をなくして透明感をつくり、
弱くなった肌の表面のバリアを高めてくれます。

 

美白整肌成分のビタミンC誘導体が抗酸化成分として美白効果を発揮。

 

シミを消すというよりもシミをやさしく防ぎながら、
お肌の中からお顔全体の透明感をUPする美白化粧品のシリーズです。

 

ディセンシア・サエルの特徴は、
まず敏感肌のために開発された美白ケアであるということ。

 

カサカサ・ごわごわしたり、
ヒリヒリしたりする女性の揺らぎやすいお肌の悩みにこたえてくれる美白ケアのシリーズです。

 

スキンケアのラインはとてもシンプル。

 

化粧水と美白美容液、さらにクリームです。

 

特徴は何と言ってもセラミドを使った美白ケアです。

 

化粧水が敏感肌や乾燥肌で不足しがちなセラミドの産生をサポートして、
内側からお肌の透明感を作り出していきます。

 

美白美容液である薬用美白エッセンスがお肌のくすみをとり、
クリームがお肌の揺らぎをリセットしてお肌の表面にバリアを作り守ります。

 

化粧水、美容液、クリームともすべて医薬部外品だから、
その美白効果はふつうの化粧品よりもお墨付き。

 

美白ケアを始める20代は、
スキンケアのラインができるだけシンプルなものが早く美白ケアを習慣化できます。

 

その点でも、サエルはシンプルで面美白の効果が期待できる美白ケアシリーズと言えるでしょう。

 

気になる方はトライアルでチェックしてみてくださいね!

 

⇒ディセンシア・サエルシリーズトライアルセット 1480円(10日分)

 

 

紫外線対策も忘れずに!

 

 

美白ケアの基本は…

 

もちろん紫外線ケア!

 

とにかく強い紫外線からお肌を守ってあげないと始まりません。

 

日焼け止めはたくさんありますが、
おすすめはUVカットと美白ケアが1つでできる、
ポーラのホワイティシモ。

 

ポーラ「ホワイティシモ UVブロック」は2種類。

 

どちらも顔、カラダ両方に使えます。

 

ホワイティシモ UVブロック シールドホワイト

 

シールドホワイトは薬用日ヤケ止め美容液。

 

SPF50、PA++++

 

ウォータープルーフタイプなのに専用クレンジングがいらないので使いやすいですね。

 

ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド

 

ミルキーフルイドは無香料でマイルドなクリームタイプ。

 

SPF30・PA+++
紫外線吸収剤フリー

 

無香料で、2才以上のお子さまでも使えるので安心ですね。

 

こちらも専用クレンジング不要です。

 

いままで使っていた日焼け止めに不満のあるあなたは使ってみてはいかがでしょうか?

 

⇒ホワイティシモ UVブロック

 

 

20代の美白ケアと美白化粧品選びの5つのポイント記事一覧

 

スキンケアの基本は一にも二にも洗顔です。これは美白ケアにおいても同じ。洗顔はお肌のいらない皮脂や汚れ、またメイクを落とすための大事なステップ。あなたは今どのような洗顔をしていますか?まず気を付けたいのは、10代のころと同じような洗顔をしてしまうこと。毎日ごしごししっかり洗顔する習慣がついていませんか?というのも、10代のお肌は20代に比べるとお肌の皮脂の分泌もよく新陳代謝も活発です。これはお肌が成...

 
 

白く透明感のあるお肌はしっとりといてキメが整っているお肌です。しっとりとうるおっているお肌はみずみずしく透明感があります。さらにうるおってお肌のキメが整うと、肌の表面が光を反射して、白く輝いて見えるのです。美白化粧水の役割は、保湿とキメを整えること。お肌を健康で美しく保つために、保湿は必須です。乾燥しているお肌と比べるとわかるように、お肌が潤っているとそれだけで弾力とハリを生み出します。またうるお...

 
 

水分をしっかりと含んでうるおったお肌を保つには、乳液やクリームの油分でお肌の表面に膜を作ることが必要です。油分の膜がお肌の表面のバリア機能を高めて、美白にも良い効果を発揮します。それはお肌の表面のバリアが外の刺激からお肌を守り、美白のポイントとなるお肌のキメも整えてくれます。お肌の乾燥を予防することができます。美白ケアや一般のスキンケアを始める時、一連のラインのなかで、乳液やクリームだけのもの、ま...

 
 

20代になるまでに日焼け止めを日常的に塗っていない人がなんと8割もいると言われています。でも20代で同じことをしているとお肌の曲がり角を過ぎたくらいから、だんだんとシミをため込みやすいお肌になってきます。そして30代になってシミがあらわれてくるのです。紫外線を浴びるとそのダメージは蓄積されていきます。すぐにダメージがあられないのがやっかいなところです。紫外線は目に見えませんが、シミをつくる原因とな...

 
 

美白化粧品や美白ケアと言うとシミがあらわれてから使い始めるイメージがあり、そこから「シミのためのケア」と思われがちなのです。でも今注目されているのは、お肌全体の色むらやくすみを改善して透明感のある美しいお肌つくり。これは「面美白」と呼ばれていて肌のトーンを明るくしブライトニング効果を狙うお手入れです。20代ではシミが目立つことはまだないので、お肌の状態を健康に保ち、さらにキメ細かく透明感を作り出す...

 
 

鏡を見ていてあれっと思ったらまたニキビ…化粧品がお肌にしみたりしてつけることができない時、あなたはどうしていますか?20代を悩ます大人ニキビの対処法のポイントと美白との関係をお話しします。お肌の状態ですが、額から鼻筋にかけてのTゾーンがべたつくことが多いのではないかと思います。その反対に頬からあごにかけてのUゾーンはカサカサと言うことも。ニキビの出やすいところはどこですか?まずべたつくTゾーンはク...