一日美白肌をキープする!日中気を付けるとよいこと3つ!

MENU

一日美白肌をキープする!日中気を付けると良いこと3つ!

お肌環境に気を付ける

いったんお出かけすると、外気や職場のエアコン、アレルゲンなど、お肌にとっては刺激になるものがあふれています。
それらに日中さらされているのが私たちのお肌です。
そこで気を付けるとよいのはお肌の乾燥対策です。

 

お肌の乾燥はいまや秋から冬の季節だけではなく、真夏でもエアコンのあるところでは起きています。
特にエアコンの風が直接あたるところや扇風機などの風にふれるところはお肌の乾燥やすいところ。
直接風に触れないように注意しましょう。

 

乾燥対策としては、朝のスキンケアで保湿をしっかりしてお出かけすること。
朝の美容液に加えて、保湿クリームをうすづきで活用するのも一つの手です。
お肌のバリア機能が高まり、職場やお出かけ時の乾燥を防いでくれます。

 

また体の中からの乾燥対策として、こまめにお水を飲むようにします。
一時間にコップ一杯ぐらいが目安。常温が基本です。
体の中からお肌をうるおしていくことができます。

 

体の「冷え」に気を付ける

オフィスのデスクワークでは、コンピューターや電話などと一日付き合い、
目と手は机の上に固定され、座ったままでの作業が基本です。

 

そうなると、体は運動不足、血行不良になりがち。
結果として肩や首のこり、足のむくみがおこります。

 

これらが慢性化しておきてくるのが、体の「冷え」です。
体全体の血行が悪くなり、体も冷えやすくなります。

 

特に夏場のエアコンのきいた室内では起こりやすい現象。
この体の「冷え」はお肌の「冷え」につながっていて、お肌のくすみなどの原因になります。

 

そこでおすすめは休憩時間の簡単ストレッチ。
仕事の合間にちょっと立ち上がって2、3分歩くのもよし、
デスクワークで凝り固まった肩や首をほぐしてみましょう。

 

首や肩のこりはお顔の血行を妨げます。
2時間に一度くらいのペースで、意識して首や肩を回したり、
首筋を片方の腕を使って左右上下にゆっくりと伸ばしていきます。
デスクワークではどうしても視線は下にむきがち。
なので、上を向いて伸びをするのもリフレッシュします。

 

女性に足がむくむ人の多いのは、この血行不良や運動不足によるものとも言われています。
特にデスク下で足を組むとリンパの流れが悪くなり足がむくむ原因になります。
デスクワークの中で定期的にパンプスなどを脱いで足首を回したりしてみましょう。
結構それだけに夕方にいつもより楽に感じる人もいます。

 

外出の紫外線予防

お出かけの日や仕事の外回りなど、室内から出て日中を外で活動する人も少なくないと思います。
その時には紫外線予防をばっちり行いましょう。

 

メイクに関しては気を付けるべきは、汗とメイクのくずれです。
特に夏などの汗ばむ季節は大敵。

 

汗をかいたお顔に日光が当たるという、肌にとっては最も刺激と負担の多い状態になります。
汗はぬぐわず押さえて取るようにしましょう。
メイクのくずれを防げます。

 

また日中出歩く際の紫外線予防として、日焼け止めをお顔に何度か塗ることは難しいので、
その代用としてUVカットのパウダリーファンデーションを活用します。

 

2時間ごとや3時間ごとにパウダリーファンデをお肌につけていきます。
くれぐれも塗らないように。

 

メイクは塗ればぬるほどくずれる原因になりますよ。

 

お昼のメイクなおしを参考に、汗や皮脂を押させて取った後、軽くパウダーファンデを付けていきます。
パウダーは光を反射するのでそれだけで紫外線予防の効果があります。
外出時の紫外線予防で活躍してくれますよ。

 

体にも忘れずに2〜3時間ごとに日焼け止めを塗るようにしましょう。

 

 

 

美白化粧水ランキング

一日美白肌をキープする!日中気を付けるとよいこと3つ!関連ページ

一日美白肌をキープする!朝のコツ
多くの女性たちのスキンケアは一日2回、お出かけ前のスキンケアは一日を始めるお肌の重要なステップ。美白肌キープのために朝のスキンケアで取り入れるとよい3つのコツをお話します。それは洗顔、朝の美容液、そしてもう一つは?
一日美白肌をキープする!昼間のコツ
昼食時やお昼休みを使って、朝の美白肌を夜までキープしていきましょう。お昼ですでに朝のメイクが少し崩れかけている人もいるかもしれませんし、ちょっと乾燥気味の人もいるかも。そこで、お肌をリセットするメイクなおしについてお話しします。
一日美白肌をキープする!夜のコツ
一日の終わりの夜のスキンケアは、お肌を休めて明日への回復を促すため大切なお手入れ。一日活動してきたお肌に「おつかれさま」の気持ちを込めてお手入れしていきましょう。シミの集中ケアができるのも夜のスキンケアの特徴。ちょっとしたひと手間で、朝のお肌の状態もアップしますよ。そのコツとは?