一日美白肌をキープする!朝のコツ

MENU

一日美白肌をキープする!朝のコツ

洗顔で始まる朝のスキンケア

朝の洗顔は一日のスキンケアのうちで最も大切な一番初めのステップです。
忙しい朝だからこそポイントを押さえておこないましょう。

 

でもなぜ朝の洗顔が大切かご存知ですか?
それは眠っている間に排出されたお肌の汚れや皮脂をきちんと洗い流してあげるためなんです。

 

お肌は夜私たちが眠っている間に昼間とは違う活動をしています。
それはお肌の再生〜お肌の「新陳代謝」が行われているのです。

 

夜の間に新しい肌細胞が作られているのです。
昼間に受けたお肌のダメージも夜の間に修復されます。

 

このように朝の洗顔はこの新陳代謝による不要になった角質―表面のお肌―を取り除き、
汗や皮脂を洗い流して洗浄することが目的です。
この汚れがのこっていると、お肌の表面で酸化し、毛穴の黒ずみの原因を作ります。

 

洗顔のポイントは、泡洗顔

洗顔料をしっかり泡立てて泡で顔をなでるように洗います。
長い時間泡をお顔におかないように注意しましょう。

 

くるくるっと顔の表面をまんべんなく包むように泡でなでたら、すぐにぬるま湯で洗い流します。
これで充分夜の間に分泌された汚れや皮脂は取れています。

 

決してこすらず洗いすぎないことがポイントです。
必要な皮脂や角質までをこすり洗い流してしまわないように。
これから外気と日光に触れるお肌が元来持っている天然のバリア機能を保ってあげましょう。

 

敏感肌やニキビなどの炎症を起こして洗顔料がお肌にしみたりする場合は、
ぬるま湯でさっと洗い流す程度にしましょう。
決して無理をせず、あなたのお肌の声を聞いてあげてくださいね。

 

「朝に美容液」の隠れた効果

美容液って夜のお手入れの時に使うものだと思っていませんか?

 

美容液はお肌に栄養をあたえてくれるもの。

 

ですから、朝のスキンケアでもたっぷりの化粧水をしみ込ませたお肌に美容液を使うことで、お肌のツヤやしっとり感がこれまで違ってきます。
美白ケアを極めるなら、さらにそれが美白美容液であればいうことなしです。
でもどんな効果を狙って朝にも美白美容液をつかうのでしょうか。

 

それには2つの狙いがあります。
一つ目はお肌のうるおいを一日キープするということ。
お肌の透明感は、お肌のうるおいやキメによるものです。
ですから、もしお肌が乾燥してうるおいやキメを失い弾力がなくなるとお肌は自然とどんよりとくすんで見えてくるのです。
美白ケアでは、朝起きた時のお肌のハリとキメを保つために、美容液の力を借りて保湿していきます。
これだけでも一日のうちで起きているメイクくずれやお肌の乾燥を防げるんです。

 

さらに朝に美容液を使うもう一つの狙いは、シミ対策です。
日中私たちの肌は紫外線にさらされ続けます。
いわば日中はお肌がシミをつくりやすい状態にさらされるわけです。
ですから美白美容液を使って、その紫外線によってシミの素メラニン色素をつくらせないようにします。
これはできたしまったシミを薄くするお手入れではなく、むしろシミ予防のためのお手入れです。
これ以上お肌にシミをつくらせないためのお手入れなのです。

 

これらの二つの狙い―お肌の保湿とシミ予防―は美白美容液の得意とするものです。

 

ほとんどの美白美容液でこれらはカバーされています。

 

気を付けることは、朝のスキンケアで用いる美白美容液は、部分用のシミ対策の美容液を用いないこと。

 

このタイプは夜のお手入れに使うものになっており、
お肌につけた美容液が紫外線にあたると逆効果になることがあります。
日中の活動前に、お肌の保湿とシミ予防をしっかり行うことが、美白肌をキープする秘訣なのです。

 

日焼け止めはMUST

美白化粧品を使っているから、日焼け止めはいらないと思っていませんか?

 

日焼け止めは一日浴びる紫外線のダメージをできるだけ小さくする大切な美白のお手入れです。
これをするとしないとでは、一年後、数年後、また数十年後のお肌に大きな差ができてきます。

 

紫外線のダメージはシミの素メラニン色素を生成させるだけではなく、
お肌のうるおいやハリを作り出しているコラーゲンなどを破壊してしまうと言われています。

 

ですから紫外線予防をしていないと、シミが増えるだけではなく、
しわやたるみと言った「老け顔」の原因を作ってしまうことになるのです。

 

朝のスキンケアで日焼け止めは、メイクの前に行います。

 

スキンケアのラインで乳液・クリームをつけ終わったら、化粧下地をつける前に日焼け止めをつけます。
この手順が面倒である場合は、UVカット乳液をつかったり、化粧下地にUVカット効果のあるものを使うと便利です。

 

いま注目されているCCクリームでUVカット効果のあるものを使ってもいいかも。
CCクリームはいわば美容液たっぷりの化粧下地。

 

「CC」とはお肌の色(color)をコントロール(control)またはカムフラージュ(camouflage)するという意味で「CCクリーム」と名前がついています。

 

お肌の色味のムラを消して、ナチュラルに仕上がり自然な立体感が増すとも言われています。
CCクリームを活用するのもお顔の紫外線予防には一つの方法です。

 

あとお出かけ前には、日焼け止めをお顔だけではく体にもつけるようにしましょう。

 

肌で吸収した紫外線のダメージは、その部分でダメージが起こるとは限らず、体の中でシミのできやすくなっている場所にまずダメージがあらわれます。

 

それは多くの女性にとってお顔。

 

つまり体で浴びた紫外線のダメージは、顔のシミとなってあらわれやすいというわけです。
肌の露出が増え、日が長くなる春から夏は、首やうなじ、腕や手、足のこうなどにも日焼け止めを忘れずに!

 

 

 

美白化粧水ランキング

一日美白肌をキープする!朝のコツ関連ページ

一日美白肌をキープする!昼間のコツ
昼食時やお昼休みを使って、朝の美白肌を夜までキープしていきましょう。お昼ですでに朝のメイクが少し崩れかけている人もいるかもしれませんし、ちょっと乾燥気味の人もいるかも。そこで、お肌をリセットするメイクなおしについてお話しします。
一日美白肌をキープする!日中気を付けるとよいこと3つ!
日中にできるちょっとした美白肌キープの習慣をお話しします。家事や仕事と日中の活動は様々ありますが、環境や体の変化によってお肌の調子もかわります。美白肌をキープするために日中気を付けるとよいこととは?
一日美白肌をキープする!夜のコツ
一日の終わりの夜のスキンケアは、お肌を休めて明日への回復を促すため大切なお手入れ。一日活動してきたお肌に「おつかれさま」の気持ちを込めてお手入れしていきましょう。シミの集中ケアができるのも夜のスキンケアの特徴。ちょっとしたひと手間で、朝のお肌の状態もアップしますよ。そのコツとは?