生理後はシミができやすいってどういうこと?

MENU

生理後はシミができやすいってどういうこと?

生理とシミ

 

シミの原因といえば、紫外線が真っ先に思い浮かびますが、そのほかにも、ターンオーバーの乱れや摩擦も原因になります。

 

そして、意外と知られていないのが、ホルモンバランスの乱れによるシミです。
代表的なものとしては、テレビCМで一躍有名になった肝斑が挙げられます。

 

気を付けたいタイミングは、生理後と妊娠中です。
生理後や妊娠中はメラニンが活発に作られる傾向にあるので、
この時期は特に美白ケアに力を入れることをおすすめします。
UVケアもいつもより念入りに行いましょう。

 

また、年齢とともにエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが減ってしまうので、
女性ホルモン様の働きをするイソフラボンなどの栄養素を積極的に摂ったり、
同じく女性ホルモン様の働きをするローズなどの精油を生活に取り入れたりすることも効果的です。

 

ローズの精油が入った化粧品もありますので、そういった化粧品を使うのもいいと思います。

 

使う時は、手のひら全体で顔を包み込むように温め、ゆっくり深呼吸して精油成分を吸い込むようにします。

 

ただし妊娠中には使えない精油もあるので、妊婦の方は確かめてから使うようにしてください。

 

 

 

 

 

美白化粧水ランキング