知ってそうで知らない、正しいUVケア

MENU

知ってそうで知らない、正しいUVケア

美白化粧品と合わせて使いたいのが、UVケア化粧品です。
美白の大敵、紫外線から肌を守ってくれるUVケア化粧品は、美白を心がける方には必ず使っていただきたいアイテムです。

 

UVケア化粧品は多岐にわたっており、UV効果のある日中用乳液のほかに、化粧下地、ファンデーション、ルースパウダーなどのメークアイテムにもUVカット効果を持たせたものが多くあります。

 

最近では、メークの上から使えるスプレー式のものも人気です。
このように、様々なUVケア化粧品がありますので、ご自身の生活スタイルに合ったアイテムを選んで使うことができます。
日中用乳液は、乳液代わりに使えるので手軽ですし、しっかりメークする方なら、下地とファンデーションでもUVケアはできます。

 

そして、UVケア化粧品を使う時に気になるのが、どのくらいの強さのものを使ったらいいのかということです。

 

強さの指針となるのが、「SPF」と「PA」というふたつの数値です。
SPFの強さは数値で、PAの強さは+の数で示されています。

 

この二つ、何が違うのかというと、それぞれ違う種類の紫外線を防ぐ強さを示しています。
紫外線にはUVAとUVB波があり、SPFはUVB派をブロックできる量を、PAはUVA派をブロックできる量を表します。

 

UVB派は、肌の表面に炎症を起こすと言われており、日にあたってすぐ肌が黒くなるのは、このせいだとされています。

 

もう一つのUVA派は、肌の奥の真皮にまで届いてコラーゲン等を壊し、シワやたるみなどの原因になると言われています。
すぐに肌に影響が出るのはUVB派ですが、最近では、老化につながるとしてUVA派が注目されています。

 

具体的な選び方ですが、日常生活にはSPFは30以上、PAは+から++++までの4段階のうち++くらいあれば事足りると言われています。

 

数値が上がるほど、刺激を感じやすくなるので、肌の弱い方は、低い数値のものをこまめに塗り直す方がいいでしょう。

 

夏のレジャーやスポーツの時は、SPFは50以上、PAは+++以上あると安心です。

 

次に、使い方も大切です。
ベタつきや白浮きを避けるために薄くのばすと、数値通りの効果が得られないことがあります。
ある程度の厚みを持って肌にのせることで数値通りのブロック効果が得られるので、決められた量を守って使うことが大切です。

 

また、頬や鼻など高くなっている部分は、紫外線をより受けやすくシミになりやすいので、重ね塗りをするのがおすすめです。
美白化粧品とUVケア化粧品のダブル使いで、透明感のある美肌を目指しましょう。

 

 

 

 

美白化粧水ランキング